「あどけない話」は高村光太郎の愛情たっぷりの詩です

空って不思議! 青空を見ていると心が温かくなり、曇り空を見るとちょっと憂鬱になったりする。 雲ひとつない真っ青な空を眺めるのも気持ちいいし、流れる雲を眺めたりするのもまたおもしろい。 やっぱり空って不思議だ。 それに、いろんな歌に空が登場する…

「山のあなた」(上田敏「海潮音」)を読んで、幸せがどこにあるのか考えたものだ

幸せになりたーい!!! きっと誰もがそう思っていることだろう。 私だって若い頃、幸せになりたくてなりたくてたまらなかった。 金持ちになりたいとか、かっこよくなって女の子にモテたいとか、みんなに注目されたいとか、なんとなく幸せになれればいいなぁ…

「人言を繁み言痛み・・・」という和歌をいまだに忘れられない。

ことばの暴力って最近聞くようになったフレーズで、むかしはそんなになかったような気がする。 現代社会は昔より陰険になってきたような気がする。肉体的な暴力はもちろんだめなわけだが、ことばの暴力は案外自分でも知らぬ間にみんなやっているのかもしれな…

ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・」:父と話をするといつも思い出してしまう詩だ

昨日、久しぶりに父と話をして・・・ まあ、親としても、息子がコロナにかかっていないか心配なようで・・・ ちょっとさみしい部分もあるのかな、息子と半年以上もあってないので・・・。 そんなわけで、少々電話で話した。 でも、投げかけてくることばは辛…

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ:人の心の根源はさみしさである

俵万智さんの短歌で有名なのがこちら。 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ たしか学校の教科書にも載っていたはず。 この短歌、ものすごく気持ちがわかるんだよね。 ていうか、みんなもわかるんじゃないかな? 今回は私なりに、…

電動歯ブラシの選び方:電動歯ブラシの種類をシンプルに説明します!

私も年をとってきて、健康に気をつけなきゃなぁと思うようになってきた。 体重を気をつけたり、酒を控えたり、運動をなるべくやったり、いろいろ考える。 でも、体の健康のことは考えるのに、歯の健康というのはいまいち考えていない人が多いように思う。 こ…

「白い巨塔」(2003年)内容と感想:ドラマ史上10本の指に入る名作だ

病院ドラマといえば「ドクターX」とか「コードブルー」をあげる人が多いのかな? やっぱり華々しい感じがするのがいいよね。 でも、私は病院ドラマの最高峰に「白い巨塔」をあげたい! これまで何度もドラマ化され、そのつど高視聴率を叩き出した作品。2004…

「おカネの切れ目が恋のはじまり」(2020年)感想:三浦春馬さんありがとう

松岡茉優さんが連続ドラマの主人公になる!!! そんなニュースを目にしてとても楽しみにしていた。しかし、そのあとにあのような暗いニュースを聞くことになるとは思いもよらなかった。 三浦春馬さんの突然の死、このことは世間を同様させた。「なぜなの?…

牟礼慶子「見えない季節」を読んで、くらい気持ちをなんとか変えたいと思った

最近読んだ詩が、妙に心にひっかかって何度も読んでしまった。 作者は牟礼慶子さんというかたで、私が国語の先生をしていた頃に、この詩が問題として出題されていた。 そのときはどうやって生徒たちに理解させようかということばかり考えていたので、あんま…

「テネット」IMAX版感想:こんな映像観たことないって感じの作品

待ちに待った「テネット」。 実は「テネット」が上映される前にノーラン祭りが開催されていて、「ダークナイト」や「インセプション」「ダンケルク」などがIMAXで上映された。 (参考記事:「インターステラー」IMAX版感想:難解ではあるが何度も観たい作品…