みっちー日記(Enjoy編)

人生を楽しんでいる私に日記

あなたはだんだんきれいになる(高村光太郎) 女性はみな美しい!

今は亡き石原慎太郎さんが、小池百合子さんに向かって「大年増の厚化粧」と言ったことがあった。 ニュース等で大々的に取り上げられたのでおぼえている人も多いかもしれない。 これを耳にした多くが「なに言ってるんだ、このオヤジ」と思っただろう。 この中…

亀戸天神の藤(2024年春) 藤はやはり日本的な美しさがある!

今年はしっかり藤を撮ってみたいなぁ、ということでやってきたのはここ。 亀戸駅です。 亀戸にある亀戸天神は藤が有名で、毎年多くの人が訪れます。 トイレにまで藤の絵が書いてあります。 亀戸の駅を出るとすぐそこに亀の像が・・・。 亀戸だけに亀かと思っ…

北の海(中原中也)の感想

詩を読んでいれば、中原中也にハマる人もいるだろう。 わたしもまた若い頃、中原中也にハマった。 きっかけは高校生の頃。 国語の先生の紹介したこの詩が中原中也との出会いだ。 北の海 海にゐるのは、 あれは人魚ではないのです。 海にゐるのは、 あれは、…

舎人公園のネモフィラ(2024年春)

今年の桜はおそかった。 そのせいで、ネモフィラが満開だということを見落としていた。 そこで、急いで都内の名所を調べることに。 昭和記念公園は昨年行ったから、今年は別の場所にしたいなぁと思っていたら、いい場所を見つけた。 舎人公園だ。 山手線で日…

銀河鉄道の父(門井慶喜)の内容と感想

とある文学系YouTubeを視聴して「銀河鉄道の父」という作品を知る。 「銀河鉄道の夜」ではなく「父」。 それは、想像したとおり、宮沢賢治の父が主人公の物語だった。 YouTuberは大絶賛。それなら読むしかない。 さっそくポチり、読んでみることに。 率直に…

熊谷桜堤の桜~日本さくら名所100選~(2024年春)

都内で桜が散り始めた頃、まだ私は満足していなかった。 桜を見足りなかったのだ。 どこかに桜が咲いているところはないか探した。 そうしたら、埼玉でちょうど見頃を迎えたスポットがいくつかあることを知る。 そのひとつが熊谷だ。 さっそくJR高崎線に乗り…

まんさくの花 〜春のきざしをとても感じる詩〜

ときが経つのは早いもので、私ももういい年齢になってしまった。 人生のゴールまですでに折り返し地点を過ぎている。 残された人生を、日々大切にしていきたいものだ。 最近、季節の移り変わりも、すごく早く感じる。 春の気配を感じ、桜がもうすぐ咲くかな…

ある仕合せ者 〜彼は誰よりも単純だった〜(侏儒の言葉より)

芥川龍之介の「侏儒の言葉」にこんなことが書いてあった。 ある仕合せ者 彼は誰よりも単純だった 幸せってなんだろう? むかし、明石家さんまさんが、コマーシャルで しあわせーってなんだっけ、なんだっけと歌っていた。 今から30年以上前の歌なのに、今…

君がゆく海辺の宿に霧立たば・・・〜嘆きの息〜

日本最古の和歌集「万葉集」には恋の歌がたくさんある。 好きな和歌はいくつもあるが、これはなかなかよい。 君が行く 海辺の宿に 霧立たば 吾が立ち嘆く 息と知りませ 初めてこの和歌を知ったのは、大学の授業だった。 先生が新聞紙を広げて、広告欄にこの…

「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」を読んだときの私の気持ち

教科書か問題集か忘れてしまったが、この若山牧水の短歌がけっこう登場するので自然におぼえてしまった。 幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく この短歌、なぜか私の心に入り込んでくる。 数々の名歌の中でも若山牧水の短歌は特に私の心に…