2020-12-17から1日間の記事一覧

君が行く海辺の宿に霧立たば吾が立ち嘆く息と知りませ(遣新羅使人の妻)の比喩が秀逸だ

日本最古の和歌集「万葉集」には恋の歌がたくさんある。 好きな和歌はたくさんあるが、この歌はなかなかよい。 君が行く 海辺の宿に 霧立たば 吾が立ち嘆く 息と知りませ (きみがゆく うみへのやどに きりたたば あがたちなげく いきとしりませ) 初めて知…