「池上彰が読む『イスラム』世界」の感想

世界のニュースを見ていると、けっこうイスラム教徒の方々が話題になることが多い。中東のニュースや、最近ではアフガニスタンのニュースなど、イスラム教を信仰する方々が多く関わっている。 それもそのはず、世界ではイスラム教を信仰する人が非常に多いの…

「ファッション イン ジャパン 1945-2020」を見に行った感想

こちらは六本木にある国立新美術館。外から見ても中に入って見ても、芸術的な建物である。 国立新美術館では、2021年9月6日まで「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」というタイトルで企画展が催されていた。 ファッションなどまったく興味が…

道端の花 2021/08/23

初めての屋外での撮影。 たくさん写真を撮ったものの、うまく撮ることができない。 池袋に出かける用事があったので、カメラを持っていき、ビルや公園などいろいろ撮ってみた。 ところが、なかなかいい感じの写真が撮れない。自分の頭の中に思い描いているよ…

ミラーレス一眼 ソニーα6100で初めて撮った写真 2021/08/19

先日、ミラーレス一眼を買った。 初めて買ったカメラで、初めて撮った写真がこちらである。 カメラが届いた日、興奮しながら箱を開け、カメラを取り出した。しかし、バッテリーはどこにあるのか、USBはどこにつなげばいいのか、わからないことだらけだった。…

「孤狼の血 LEVEL2」の感想

前作「孤狼の血」は役所広司さんがすごかったなぁという印象だったが、今回はどうだろうか。やっぱり、続編ものは第一作には及ばないものだろうか。 そんな思いを胸にいだき、それほど期待をせず劇場に足を運んだ。 とはいえ、ちょっとは松坂桃李さんに期待…

「自分では気づかない、ココロの盲点 完全版」(池谷裕二)の感想:

人間の思考にはクセがあるようだ。自分では公平に考えているつもりでも偏っていたり、論理的に考えているつもりでも非論理的になっているようである。 そのクセを「認知バイアス」と呼ぶらしい。人間にはいろんな認知バイアスがあり、しばしば合理的判断に欠…

「生物はなぜ死ぬのか」(小林武彦)の感想:

年齢的に人生の折り返し地点を過ぎた頃、私は死を強烈に意識するようになってきた。あとどれくらい生きていられるかはっきりとはわからないが、死は確実にやってくる。 それまで私はどのように生きていけばいいのだろうか、何をすればよいのだろうか、そんな…

「やりきる力」(堀江貴文)の感想:ただひたすら努力しよう!

久々に堀江貴文さんの本を読んだ。 やりきる力 作者:堀江 貴文 学研プラス Amazon 堀江さんは多動力の人で、数々の仕事をこなしている。最近では小麦の奴隷というパン屋さんを立ち上げ、WAGYUMAFIAという和牛のお店を展開するなど、飲食にも力をいれている。…

「ドラゴン桜」(2021年)の感想:あいかわらずおもしろかった!

あの名作、ドラゴン桜が帰ってきた。そして早くも終わってしまった。 前作は、若き頃の山Pやガッキーが出演していたし、原作のマンガも話題になっていた。偏差値36の高校生たちを東大に合格させるというストーリーが世間にウケていたと思われる。 あの頃…

「生命は」(吉野弘)を読んで、自分の存在について考えた

若い頃、人生の目的についてずっと考えていたことがあった。 自分はなんのために生きているのだろうか、そして命とは何かと。 生きる意味ってあるのかなぁと真剣に悩んだこともあった。 そんな私だから、このまま死んでもいいのではないかと思っていた時期も…

「ドラゴン桜」(2005年)の感想:ストーリーも出演者陣もよいドラマだった

ドラゴン桜が帰ってくる!!! 2021年春の日曜劇場でドラゴン桜が放映されるという予告を見て、心が踊った。 と言っても、私は前作を視聴していない。 ただ、まわりのみんなが原作の漫画を読んでいた。それで私もいつか見なきゃなぁと思っていたのだった。 …

2021年お花見 新宿御苑は広くて桜がたくさん!!!

2021年3月末、やっと緊急事態宣言が解除された。それでも外出は控えるような雰囲気は続いている。 しかし、日本の伝統的な行事と言ってもいいくらいみんなに浸透しているお花見は、やはり欠かすことができない。 私も毎年桜の名所に出かけているが、今年は新…

「天国と地獄~サイコな2人~」(2021年)内容と感想:2人の演技力がすごかった

最近、綾瀬はるかさんが出演しているドラマが好きで、彼女が出演するものは見ることにしている。 ただ、「天国と地獄」というちょっとありふれたようなタイトルがつまらなさそうで、途中で飽きることを危惧していた。 「設定もありきたりではないか?」とも…

ダノンスマッシュが国内のG1レースを初勝利! 高松宮記念2021レース回顧

2021年の高松宮記念はいいレースだった! そもそも、1200mのレースは予想しにくい。あっという間に終わってしまうし、ゴール前も混戦というイメーシだ。 とりあえず、今回のレースの予想をこのように立ててみた。 本日の高松宮記念の予想!◎レシステンシア︎︎…

「スマホ脳」(アンデシュ・ハンセン)の感想:人の脳や身体の仕組みを考えさせられた

今や生活の必需品となっているスマホ。電車に乗っていても、駅のホームでも、カフェでもスマホを見ていない人を探すのが大変なほどだ。 私も例に漏れずスマホばかり見ている。みんなと同じように電車に乗っても、駅のホームでも、カフェでも。 朝起きて枕元…

弥生賞ディープインパクト記念2021 予想!

週に1回、日曜日のメインレースを楽しんでいるみっちーです。 先週の中山記念、いつものように1頭だけ当てたのですが、もう1頭が・・・。 www.mitchy-shumi.com 気を取り直して、今週末もがんばっちゃおうと思います! では、よろしく!!! 弥生賞ディープ…

中山記念2021 予想!

週に1回、日曜日のメインレースを楽しんでいるみっちーです。 先週のフェブラリーステークスは、残念ながら予想が当たりませんでした。でもカフェファラオ強かったですね。いいレースを見れてよかったです。 www.mitchy-shumi.com 今週末はG2の中山記念があ…

ダイエット日記2021-02-22

ゆるっとダイエットをしているみっちーです。 今回はダイエット日記の第2弾としてお送りしようと思う。 とりあえず、毎週体重くらいは報告するつもりなので、よろしく! 今回の数値(2月22日現在) 2月22日現在で、体重は68。0kg。 週の途中で6…

フェブラリーステークス2021 予想!

週に1回、日曜日のメインレースを楽しんでいるみっちーです。 先週の共同通信杯、おしくもハズしてしまいました。 www.mitchy-shumi.com 今週末は、今年最初のG1レースであるフェブラリーステークス!!! ここで勝って、春のG1レースに向けて幸先のいいスタ…

何によって人に憶えられたいか、って思うことが大事だとドラッカーは言っている

ある日「ドラッカー名言集 仕事の哲学」を読んでいたらこんなことが書いてあった。 私が一三歳のとき、宗教の先生が生徒一人ひとりに「何によって人に憶えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかった。 「何によって人に憶えられたいか?」 そんな問いを…

ダイエット日記2021-02-14

とりあえず、取り急ぎ、ダイエットブログを書くことにした。 ここ2ヶ月ほど、体重が減らないからだ。 こうやって、自分の体のことを晒しつつ、体重を減らしていきたい。 とはいえ、私の真の目的は体重を減らすことではなく、お腹を凹ませることだ。 体重は…

成功するためには膨大な量の実践が必要である

先日、勝間和代さんの本を読んでいた。 「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書) 作者:勝間 和代 発売日: 2012/04/28 メディア: 新書 この本は、勝間さんがどのようにして有名人の仲間入りをしたかについての方法論が述べられている。 そして、読み…

共同通信杯2021 予想!

週に1回日曜日のメインレースを楽しんでいるみっちーです! 先週のきさらぎ賞は見事的中しました。 www.mitchy-shumi.com 今週もがんばって的中させてやろうと思っています。 今週末は共同通信杯。 共同通信杯といえば春のクラッシックに向けた3歳馬による…

博士の愛した数式(小川洋子)のあらすじと感想:博士と私とルートの心温まる話 

むかし読んだことがあった「博士の愛した数式」。 何年前に読んだだろうか。 たぶん、発売してすぐに読んだから15年以上前だったと思う。だからおおまかな設定以外はさすがに忘れていた。 それをまた読もうと思ったのは、この物語が第1回本屋大賞の受賞作だ…

きさらぎ賞2021 予想

週に1回、日曜日のメインレースのみ予想を楽しんでいるみっちーです。 今回はきらさぎ賞にチャレンジ。 きさらぎ賞といえば3歳馬がこれからの三冠レースに向けて挑む有望株がそろうレースである。 注目のレースだ! ただ、私はまだ今年に入って一度も予想が…

太陽も死もじっと見つめることはできない(ラ・ロシュフコー)について

先日、職場の先輩が亡くなった。 いまの職場に来てもうすぐ10年になるが、先輩はすでにそこで働いていて、いろいろお世話になった。 先輩は亡くなる前日も働いていたので、誰もが彼の死など考えてもいなかっただろう。 私も先輩とは仲がいいほうだったので…

今年から成果を上げるためにアナログの手帳を使うことにしました

最近手帳をつかうことにしてみたので、そのきっかけや、どのように使うかを書いていこうと思う。よろしくお願いします。 はじめに 最近はスケジュール管理にグーグルカレンダーを使っている。そのため手帳を使わなくなった。 前職で塾の先生をやっていた頃は…

路上の伝説(朝倉未来)の感想:ここまでの彼の人生が克明に描かれている

2020年3月に私はひとつのブログを更新した。 www.mitchy-shumi.com 格闘家の朝倉未来さんが書いた「強者の流儀」について書いたブログだ。 この本を読んで、私はさらに朝倉未来という人物を好きになった。彼はさまざなことを考えて動いているし、一貫したポ…

「自信を持つ」ことがもっとも大切 ~「自分に自信をつける最高の方法」を読んで~

私はむかしから自分に自信がなかった。 かっこよくないし、頭もよくない。 何をしようにもネガティブな思いしか頭に浮かばなかった。 しかし、誰がどう考えても自分に自信があったほうがいいにきまっている。自信がないとポジティブになれないし。 そう思っ…

紙の月(角田光代)のあらすじと感想:ドキドキの世界にこんにちは!

角田光代さんが書いた「紙の月」。実は、この作品、まったくのノーマークだった。 たまたまフォロワーさんが読んでいたのを見かけて、私も読んでみようと思っただけだ。 そのフォロワーさんいわく「ドキドキの世界」とのこと。 そんなドキドキならば読んでみ…