報知杯弥生賞ディープインパクト記念2020:みっちーの競馬予想

はじめて競馬のブログを書きまして、予想は的中!!!

www.mitchy-shumi.com0

 

 

って言っても、1番人気が来たので勝てたのは当たり前といえば当たり前。次を勝ってこそ真価が問われるところだ。

 

次は、報知杯弥生賞ディープインパクト記念だ。ここで勝って勢いをつけたいと思う。

 

 

報知杯弥生賞ディープインパクト記念2020 レースについて

 

第57回報知杯弥生賞ディープインパクト記念 G2

2020年3月8日(日)中山競馬11R

サラ系3歳オープン

芝右2000m

 

 

報知杯弥生賞ディープインパクト記念2020 コースについて

 

中山芝2000m

中山2000m芝コース画像

 

スタートはホームストレッチ直線入り口。1コーナーまでは約400m。

1~2コーナー中間あたりまでは上り坂

向こう正面は緩い下り坂

3~4コーナーはほぼ平坦

最後の直線は310mで、直線の半ばまで急勾配となっている。

坂を乗り切るパワーが必要なコース。

 

 

過去の弥生賞1着・2着馬

 

【2019年】

1着:メイショウテンゲン(5番人気)[⑥⑥④⑤ー①]

前走:きさらぎ賞 G3

(京都芝右1800m 5番人気)→5着

前々走:2歳未勝利

阪神芝右1800m 1番人気)→1着

2着:シュヴァルツリーゼ(6番人気)[⑨⑨⑨⑦ー②]

前走:2歳新馬

(東京芝左1800m 2番人気)→1着

 

【2018年】

1着:ダノンプレミアム(1番人気)[②②②②ー①]

前走:朝日杯FS G1

阪神芝右1600m 1番人気)→1着

前々走:サウジRC G3

(東京芝左1600m 2番人気)→1着

2着:ワグネリアン(2番人気)[⑤⑤⑤④ー②]

前走:東スポ2歳S G3

(東京左1800m 1番人気)→1着

前々走:野路菊S 

阪神芝右1800m 1番人気)→1着

 

【2017年】

1着:カデナ(1番人気)[⑧⑧⑦⑤ー①]

前走:京都2歳S G 3

(京都芝右2000m 3番人気)→1着

前々走:百日草特別

(東京芝左2000m 3番人気)→2着

2着:マイスタイル(8番人気)[①①①①-②]

前走:こぶし賞

(京都芝右1600m 2番人気)→1着

前々走:シンザン記念 G3

(京都芝右1600m 5番人気)→5着

 

【メモ】

・過去3年で1番人気が2回も1着を取っている。

・連対した馬の前走は1600~2000m。前走が2000mを走った馬が有利というわけでもない。

・前走は重賞を走っている馬が有利。

・先行馬あるいは差し馬が有利か。

 

 

今回出走の有力馬

 

オーソリティ

前走ホープフルSでは5着になってしまったが、それまでは2連勝。今度は巻き返しなるか。

 

サトノフラッグ

新馬戦こそ6着だったが、その後は2連勝。前走のレース内容もよかった。ここまでずっと2000mしか使ってきてないところも強みかも。

 

ブラックホール

前走9着と悪すぎた。しかし、その前は重賞を制しており、まだまだ力があるのかもしれない。

 

ワーケア

ホープフルSでは3着。このメンバーの中では一番実績がある。順当にいけばいい成績をおさめるだろう。

 

メイショウボサツ

前走の中京芝2000mを2分01秒7で勝利。スピードがあるだけにもしかしたら来るかもしれない。

 

 

報知杯弥生賞ディープインパクト記念2020の予想

 

◎サトノフラッグ

ここまで3戦2000mを走らせて、初戦こそ6着だったがあとは2連勝。時計もよく前走中山2000mで2分01秒4で上がり3ハロンが35.3秒だったことを考えると、かなりいい線をいくと予想できる。ディープインパクト産駒というのも魅力。

 

◯ワーケア

前走ホープフルSは後方寄りを走っていたため最後の直線で届かず惜しくも3着。今回はワーケアより実績がある馬はいないので負けるわけにはいかない

 

▲メイショウボサツ

前走でやっと1勝目だが、勝ち方がよかった。上がり3ハロンを34.0秒という驚異的な瞬発力を見せてくれた。この走りが中山でできるのならば、上の2頭を脅かす存在になる。

 

 

まとめ

 

馬連

1-8

1-7

7-8

 

3連単

1→8→7

 

今回はこれでいってみよう。