みっちー日記(Enjoy編)

楽しい人生の記録

年を重ねただけで人は老いない(「青春」より):私の好きことば

趣味はことば集め!!! みっちーです。

ことばは人をやる気にさせるし、喜ばせたりもしてくれます。

 

それではさっそく、私の好きなことば紹介したいと思います。

 

 

今回のことば

 

年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。

 

このことばを知ったきっかけ

このことばはサムエル・ウルマンという人の「青春」という詩の一部で、とある雑誌を読んでいたら出てきたことばです。

 

では、この詩の冒頭を引用しようと思います。

青春とは人生のある期間ではなく、

心の持ちかたを言う。

薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、

たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気、

安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。

ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失うとき初めて老いる。

(後略)

 

 (角川文庫「青春とは、心の若さである。」より引用

 

ちょうど、私がなんでも年齢のせいにしていた時期であり、年をとっていくことを恥じていた時期でもあった。

 

そんなときにこの詩に出会い、私は考えが変わったのです。

 

 

年を重ねるということ

 

むかしは誕生日をむかえるのがうれしかったものです。ケーキを食べることができたし、プレゼントをもらうこともできた。

 

ただ、残念ながら、私の誕生日はクリスマスに近かったため、ケーキもプレゼントもクリスマスとセットでした。ふつうなら誕生日にケーキとプレゼント、クリスマスにケーキとプレゼントをもらえる。それなのに、わたしはそれが年に1回なのです。

 

ちょっと不公平だなぁと思いながらも、やはりプレゼントをもらうのはうれしかったものでした。

 

それに、子どものころは早く大人になりたかったで、なおさら年をとりたかったのです。

 

もちろん、いまでもお祝いのことばやプレゼントをもらうのはうれしい。ところが、年をとることに関しては、うれしいというよりは悲しい感じがする。

 

むかしだったら、

誕生日だ!!!

 

だったのに、いまは

ああ、また誕生日が来ちゃったなぁ。。。

という感覚です。

 

この気持ちが、年を重ねるということを象徴的にあらわしている気がします。

 

つまり年を取ることを恥じているんだと思います。なぜなら、年を取る=老いるということだからです。

 

もう、この年齢なり、疲れやすくなりました。老眼も進んできました。しわも多くなりました。

 

健康診断をすると、肉体にガタが来ていることを顕著に知ることになります。

 

年を取ると、そういう自分を否が応でも知ることになるのです。

 

 

このことばを知って思ったこと

 

さきほど引用した詩の冒頭は、こうです。

青春とは人生のある期間ではなく、

心の持ちかたを言う。

 

この詩を知るまで、青春とは若さだと思っていました。 年齢で言うと13~20歳くらいまでかな。

 

部活に励んだり、受験勉強したり、恋をしたり、自分なりにいろんなドラマがありました。だから、私にとって青春と呼ぶにふさわしい時代は、中学生から大学生になった頃あたりだと思っていました。

 

ところが、サミエル・ウルマンの詩では、青春とは「人生のある期間ではなく、心の持ちかた」だというのです。

 

私が青春時代だと思っていたあの頃、実はそれは心の持ちかたの問題だったのです。

 

つまり、私がいまを青春だと思えば、そのまま今が青春時代となります。

 

老いについても同じ。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失うとき初めて老いる。

 

老いとは年齢の問題ではない。私の理想が失われたとき初めて老いるのです。

 

すなわち、私が「老いた」と思えば、それがそのまま現実となる

 

老いと年齢は関係ないと言ったら言い過ぎかもしれないが、少なくとも気持ちの持ちかたが関係していることは事実です。

 

だから、年をとるにしたがって「老いたなぁ」と思うのはやめにしようと思います。

 

自分の気持ちの持ちかたによって、私はいくらでも若くなれるのですから!

 

 

まとめ

 

この考え方は、以前とりあげた

Age is just a number. (年齢なんてただの数字さ)

と似てるなぁと思います。

 

[参考]:Age is just a number:私の好きなことば

 

自分の年令に引け目を感じるのはもうやめて、堂々と生きていこうと思います。

 

 

なおサミエル・ウルマンの詩はこの本に載っています↓↓↓