ヴィクトリアマイル2020:みっちーの競馬予想

さて、今週もみっちー競馬の時間がやってまいりました。よろしくお願いします。

 

とりあえず、先週までの結果はこちらにまとめてありますので、参考にごらんください。

www.mitchy-shumi.com

 

われながらよく当たってるなぁと思います。

 

では、今週の予想を始めてまいります。

 

 

ヴィクトリアマイル2020:レースについて

 

第15回ヴィクトリアマイル G1

2020年5月17日(日) 東京11R

サラ系4歳上オープン牝

芝1600m

 

 

ヴィクトリアマイル2020:コースについて

 

東京芝1600m

東京1600m芝コース画像

 

スタート地点は2コーナーの奥。

そこから3コーナーにまっすぐ約540m進む。

向こう正面半ばに上り坂、そこから4コーナーにかけては下り坂。

最後の直線は525.9m。すぐに約160mの上り坂。

坂をのぼるとあとはゴールまで300mでほぼ平坦。

坂を上ったあとの末脚がポイントになる。

 

 

過去のヴィクトリアマイル:傾向

 

  • 荒れ模様。1番人気が来ない傾向にある。
  • 2番人気すらなかなか来ない。
  • 阪神牝馬S組が目立っているものの、勝ち馬がここでは活躍できていない。
  • 過去の傾向があまり役に立たないレースだといえる。

 

 

ヴィクトリアマイル2020の予想

 

なかなか予想の難しいレース。毎年荒れるこのレースで、3頭あげるとするならばこの馬たちだ!

 

◎アーモンドアイ

1番人気がなかなか来ないレースだが、このメンバーの中において、実力・実績ともに勝っていて、負けられない。おそらく1着を取りに来ていると思われる。

東京1600mということで安田記念の3着が懸念事項としてあげられるが、不利がなければ勝っていたと思われるので、心配しなくてもいいと思う。

 

○スカーレットカラー

前走の阪神牝馬S、最後の直線で狭いところから抜け出して、すごい足で1着馬に迫ってきた。特に上がり3ハロンが33.4という瞬発力が見逃せない。馬体重も上がって、いよいよ充実してきたのかと思わされたという印象だ。

アーモンドアイに迫る馬はこの馬だろう。

 

▲ノームコア

東京1600mコースのレコードホルダーといえばこの馬だ。昨年のヴィクトリアマイルの末脚がとても印象的だ。ならばスピード決着になると思われるこのレースでノームコアをはずすわけにはいかない。

前走の大敗は海外遠征後だったこと、初の距離だったことと悪いことが重なった。ここで巻き返しを期待したい。

 

 

まとめ

 

正直言って何が来るのかわからないこのレース。でも、勝つのは強い馬である。いま強いのは、アーモンドアイ・スカーレットカラー・ノームコアであろう。