みっちー日記(Enjoy編)

人生を楽しんでいる私に日記

「medium  霊媒探偵城塚翡翠」(相沢沙呼)の感想:3冠は伊達じゃなかった!

たまにはミステリーを読みたいなぁと思っていろいろネットを巡っていたら、ふと興味のある作品にぶつかった。

それがこちらだ。

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

 

 

なにしろこの作品はミステリーの三冠を獲得しているらしい。おまけに2020年の本屋大賞にもノミネートされたらしい。 

ネットを見ていたら俄然興味が湧いてきた。それでこの作品を読むことにしたわけだ。

 

読後の感想は、「めっちゃよかった!」。

マジで、この本を読んどいてよかったと思った。

 

ということで、今回は「medium  霊媒探偵城塚翡翠の感想を書いていこうと思う。

 

 

作品情報

 

著者

相沢沙呼(あいざわさこ)

1983年、埼玉県生まれ。

2009年「午前零時のサンドリヨン」で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。

2011年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作。

2018年「マツリカ・マトリョシカ」が第18回本格ミステリ大賞の候補作。

小説の神様」は実写映画化(2020年公開)が決定している。

 

「medium  霊媒探偵城塚翡翠」で、このミステリーがすごい!2020年国内編第1位、本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング1位、「2019年ベストブック」3冠を獲得した。

 

内容紹介

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。

 (Amazon「商品の説明」より引用)

 

主な登場人物は、香月史郎城塚翡翠

香月史郎は推理作家だが、これまでいくつもの難事件を解決してきた。

城塚翡翠霊媒で死者の言葉を感じることができる。

この2人がコンビを組み、事件を解決していくことになる。

 

また一方、巷では連続殺人事件が起きていたが、犯人が全く証拠を残さないため手がかりなし。そしてその殺人鬼が次第に城塚翡翠に近づいていくのだった。

果たして、この殺人鬼を捕まえることができるのだろうか・・・

 

という話である。

 

 

「medium  霊媒探偵城塚翡翠」の感想

 

 「このミステリーがすごい!」1位をはじめ3冠を獲得したのが十分にうなづける内容だった!

 

正直、前半はふつうだと思った

推理作家として難事件を解決した香月と、霊媒翡翠のコンビが事件を解決していく・・・、

設定は奇抜で「これミステリーなの?」とも思えるほどで、まあまあおもしろいが、いまいちだと思っていた。
強いていえば城塚翡翠がかわいいかな?ってところが評価ポイントだ。

 

ところが後半は・・・ 

後半怒涛の展開。

「え?なんで?」「え?そうだったの?」ってなった。

ミステリーなので、もちろんネタバレ禁止なのだが、この展開は予想していなかった。

アマゾンのレビューを読んでみると、展開を予想できたという人がいて低評価をつけていたのだが、正直、そういう人のほうが少ないだろう。

おおかたの人は、私と同じ感想を持つはずだと思っている。

 

読者の興味を掻き立てるような構成

一話ずつ殺人事件を解決していくようなストーリーでありながら、次第に連続殺人犯の姿が明らかにされていく構成だ。

その殺人犯も、アタマがよさそうで、かつ人間的に壊れているやつだ。

それが最後に登場してきて、アッと驚かせる。

「すべてが伏線」というのが、最後にわかる。

あまりにもすごすぎて、私はおもわずうなってしまった。

後半は、マジでページをめくるスピードがあがってしまった。

 

 

満足度

 

ネタバレしたらまったくおもしろくなくなるので、そういうのなしで感想を書いてみたが、とにかくおもしろかった。「このミステリーがすごい!」の1位作品は本当にすごかった!!!

 

ということで、私の満足度は言うまでもない。

☆☆☆☆☆(☆5つ)

 

まわりの人にもおすすめしたいな!

 

「medium  霊媒探偵城塚翡翠」の作品はこちら↓↓↓

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠