みっちー日記(Enjoy編)

人生を楽しんでいる私に日記

天皇賞秋2021 横山武史騎手の激しいガッツポーズが印象的だった!

秋の天皇賞

このレースには3強といわれる馬が争うことになった。

 

まずグランアレグリア

この馬は、私が一番好きな現役馬である。短距離やマイルのレースでは最強といってもよいだろう。

そして、昨年の3冠馬コントレイル

皐月賞・ダービー・菊花賞の3冠を取った長い歴史のなかで8頭しかいない。そのなかの一頭がコントレイルである。

最後に3歳馬のエフフォーリア

今年の皐月賞を制し、ダービーは惜しくも2着だった馬だ。

 

今回の私の予想はこうだった。

 

グランアレグリアはイチオシの馬なので本命。そして、3冠馬のコントレイルはハズせない。エフフォーリアだって強いしなぁ・・・。

あと、カレンブーケドールは今まで掲示板(5着以内)をハズしたことがないから入れておくべきだろうという判断だ。

 

ただ、心の中では、エフフォーリアかなぁという気持ちがつよかった。

なにせ、東京競馬場で行われたダービーのタイムがめっちゃ速かったのだ。

ちなみにタイムは2分22秒5。

今年のダービーの勝ち馬シャフリヤールに鼻差で負けてしまったタイムと同タイム。ほぼ同着だったといっていいだろう。

ともかくも、エフフォーリアはとても強い馬だ。

懸念としては古馬との対戦が初めてというところだけ。

 

それに対して、グランアレグリアは2000mという距離が不安だ。

一度大阪杯で2000mを走っていて負けている。重馬場だったとはいえ、絶対王者の感じではなかった。

 

グランアレグリアファンの私だが、ちょっと弱気になり、3強+カレンブーケドールの3連複ボックスという買い方をした。

 

さて、天皇賞

 

 

結果は・・・

1着:エフフォーリア

2着:コントレイル

3着:グランアレグリア

 

スタートすると、めずらしくグランアレグリアが前のほうに行った。

いつもうしろから抜いていくスタイルのグランアレグリアとしてはめずらしい。おそらく騎手のルメールの判断もあっただろう。

 

エフフォーリアはだいたい6番手あたりにいて、それをマークするようにコントレイルがいる。

エフフォーリアを騎乗する横山はいつものとおりの作戦だったと思う。

それをマークするコントレイルは福永の判断だろう。

 

そういえば、ダービーではシャフリヤールに乗った福永がエフフォーリアを最後に交わしたが、コントレイルでも同じことをやろうとしたのかなぁと思う。

 

で、だいたい大きな動きはなく、4コーナーをまわった。

直線でグランアレグリアが先頭に立った。

だが、しばらく走るとエフフォーリアに抜かされた。

すぐうしろにいるのはコントレイル。エフフォーリアあとに続いて、そのままグランアレグリアを交わした。

ただ、コントレイルはエフフォーリアまでは捉えることができない。

そのままゴールとなった。

 

そして横山武史のめっちゃ激しいガッツポーズ。

人生で初めて嬉し泣きしたと言っていたので、かなりうれしかっただろう。

ちなみに、横山騎手は先週もタイトルホルダーで優勝。G1を2週連続とってすごいなぁと思う。

 

おめでとう!横山騎手!

そして親子3代で天皇賞秋を制覇したそうでそれもすごい。

 

それにしてもエフフォーリアは強かった!

グランアレグリアだってルメールは完璧に騎乗したと思うんだけどね。

勝った馬が強かったということでしかたない。

 

ということで、G1は来週おやすみ。

次はエリザベス女王杯だね。