みっちー日記(Enjoy編)

楽しい人生の記録

映画日記

「ゴジラ☓コング 新たなる帝国」の感想:ゴジラはやっぱりかっこいい

去年、日本で「ゴジラ-1.0」が上映されたと思ったら、今度はハリウッド版のゴジラですか! ホント、ゴジラは国際的スターだなぁ。 日本が誇るスター怪獣ゴジラ。 アメリカや日本で何度も作られているため我々観るものは、いろんなゴジラを味わうことができる…

「哀れなるものたち」の感想:とにかくやばい映画でした

最近話題の映画がないかなぁと探していたら、エマ・ストーン主演の「哀れなるものたち」に目がとまった。 エマ・ストーンはけっこう好きだからなぁと思い、一応観に行ってみることに。 でも、行く前にレビューを読んでみたら、なんだかヤバい映画っぽい。 で…

映画「ゴールデンカムイ」の感想:早く続きが見たい作品だ

はっきり言って「ゴールデンカムイ」は、原作もアニメも見たことがなかった。 話題のマンガだったので、いつかは見てみようと思っていた程度だ。 だが、実写版にあたって私の推しのひとり山田杏奈ちゃんが出演するというではないか! それは観に行くしかない…

「劇場版SPY×FAMILY CODE:White」の感想:やっぱり家族だよね!

このまえ、「アーニャ、ピーナッツが好き〜」って、職場で言ったらドン引きされてしまった(笑) そりゃ、そうだね。 50過ぎたオッサンが、そんなこと言ったら引くか! まあ、「SPY×FAMILY」が好きなのでしょうがない。 あれおもしろいからね。 で、劇場版が…

「ミステリと言う勿れ」の感想 久能整くんの魅力全開の広島編だった

わたしと「ミステリと言う勿れ」との出会いは月9だった。 菅田将暉さん主演で、わたしがけっこう好きな俳優さんだし、ファンである伊藤沙莉さんも出演するということで、視聴することにしたのだ。 タイトルの意味は、「ミステリーって言わないで」というこ…

「劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)」の感想!

昭和世代のアニメの代表作のひとつ「シティーハンター」、その劇場版が上映された。 2019年に久々に劇場版が公開されたわけだが、それ以来となる。 シティーハンターファンとしてはうれしい限りだ。 昭和のアニメと現代のアニメとは絵がかなりかわってい…

「スパイダーマン アクロス・ザ・スパイダーバース」感想!

待ちに待った「スパイダーマン スパイダーバース」の続編。 前作はそれほど期待していなかったのに、期待を大きく上回る満足度だった。 そして今回はけっこう期待して観に行ったわけだが、またしても期待を大きく上回る満足度。 観に行って大正解、という思…

「ザ・フラッシュ」感想!

久しぶりの映画ブログ!!! 今回はエズラ・ミラー主演の「ザ・フラッシュ」を観に行った。 正直、DCの作品はそれほど鑑賞する気はなかったが、この作品の予告がすごくおもしろそうだったというのが、観に行った理由だ。 で、結論は、とてもおもしろかった!…

「FIRST SLAM DUNK」の感想

SLAM DUNKの劇場版が上映するのを首を長くして待っていた。 いつだったか、映画館でSLAM DUNKの予告を観てしまったときに、「まじか!?」と思ったのを思い出す。 それからずっと待っていた。待ちに待っていたのがとうとう始まったのだ。 こちらは入り口で配…

「RRR」の感想:大迫力の作品で満足度高し!

久々にインド映画を観に行った。 インド映画といってもただのインド映画ではない。あの「バーフバリ」シリーズを手掛けたS.S.ラージャマウリ監督の最新作だ。 「バーフバリ」は異様に盛り上がった。大迫力の画面と音響、そして大迫力の戦闘シーン。今になっ…

「劇場版ラジエーションハウス」の感想

劇場版ラジエーションハウスを観に行ってきた。 結論をいうと、とても満足度が高かった。 涙あり、笑いありの2時間。 五十嵐や杏ちゃんをはじめとするラジエーションハウスのメンバーは最高だった。 そんなわけで、今回は「劇場版ラジエーションハウス」の感…

「ナイル殺人事件」の感想

なかなか骨太のミステリーだったというのが感想だ。 犯人は誰なんだろうか? 映画を観ながら常にそれが気になった。 やはり、犯人を考察しながら観るのがミステリー映画の醍醐味だ。 今回は、「ナイル殺人事件」の感想を書いていこうと思う。 「ナイル殺人事…

「コーダ あいのうた」の感想

泣けた・・・。 素直に泣けた。いい映画を観たなぁという感じだ。 レビューを読んで、評判がいいようなので観に行くことにしたのだが大正解。 見逃さなくて本当によかった。 今回は、「コーダ あいのうた」の感想を書いていこうと思う。 「コーダ あいのうた…

「君の膵臓をたべたい」の感想

「君の膵臓をたべたい」という映画のタイトルから、膵臓の病におかされた少女がどのように死んでいくかというストーリーなんだなぁと勝手に想像していた。 大枠はそんな感じなのだろうが、中身はもっと複雑だ。 とりあえず結論をいうと、いい作品だった。 今…

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の感想

スパイダーマンってけっこう好きなヒーローだ。 完全無欠のヒーローではなくて、悩み、恋をし、失敗し・・・、 そんな人間臭いところがいいのだと思う。 たぶん、多くの人がそう思っているからこれほどの人気があるのだろう。 思えば、2002年のトビー・マグ…

「エターナルズ」の感想:はやく続きを観たい!!!

アベンジャーズの新しい幕が開いた!!!と思わせるだろう作品「エターナルズ」。 観る前から楽しみでしかたなかった。 ただ、予告からはストーリーがまったく予測できない。いったいどんな内容なのだろうか。タイトルからもわからなかった。 そうして劇場に…

「DUNE デューン 砂の惑星」の感想:めっちゃよかった!

ティモシー・シャラメが主役をやると知ったあの日からずっと楽しみにしていたこの映画「DUNE デューン 砂の惑星」。 出演者の発表があるたびに、その豪華さに驚いたものだった。 ゼンデイヤ、ジョシュ・ブローリン、ジェイソン・モモア他多数の好きな大物俳…

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の感想:ダニエル・クレイグ版ボンドはかっこよかった

「カジノ・ロワイヤル」から始まったダニエル・クレイグ版007。「慰めの報酬」、「スカイフォール」、「スペクター」と続き、「ノー・タイム・トゥ・ダイ」で最後となる。 今作でいよいよ完結だ。そんな気持ちで観に行った。 今回は「007/ノー・タイ…

「マスカレード・ナイト」の感想

前作「マスカレード・ホテル」に引き続き、「マスカレード・ナイト」が公開されると聞いたとき、とてもワクワクした。キムタクと長澤まさみさんが帰ってくるのかぁと思うと興奮せざるを得なかった。 そもそもキムタク好きなので、彼のドラマはけっこう視聴し…

「フリー・ガイ」感想:満足度高し!

そんなに観るつもりはなかったが、けっこうおもしろいと聞いて行ってみることにしたのが「フリー・ガイ」。 まあ、ライアン・レイノルズだし、行っておこうかという軽い気持ちで劇場へ足を運んでみた。 そしたら、やっぱり「ライアン・レイノルズいいわぁ」…

「孤狼の血 LEVEL2」の感想

前作「孤狼の血」は役所広司さんがすごかったなぁという印象だったが、今回はどうだろうか。やっぱり、続編ものは第一作には及ばないものだろうか。 そんな思いを胸にいだき、それほど期待をせず劇場に足を運んだ。 とはいえ、ちょっとは松坂桃李さんに期待…

「テネット」IMAX版感想:こんな映像観たことないって感じの作品

待ちに待った「テネット」。 実は「テネット」が上映される前にノーラン祭りが開催されていて、「ダークナイト」や「インセプション」「ダンケルク」などがIMAXで上映された。 (参考記事:「インターステラー」IMAX版感想:難解ではあるが何度も観たい作品…

「インターステラー」IMAX版感想:難解ではあるが何度も観たい作品だった

2020年、コロナの影響で多くの新作映画が上映を延期した。その影響で旧作が続々と上映されることになる。 2020年はクリストファー・ノーラン監督の「TENET テネット」が上映される。それにともなって、ノーラン監督の旧作も上映されることになった。 先日観…

「風の谷のナウシカ」感想:この作品を映画館で観ることができて本当によかった!

2020年、コロナのせいでなかなか新作映画が上映されないでいた。期待していた映画たちは相次いで上映が延期され、とても残念だった。 ただ、そのせいで、旧作が続々と上映され、今まで映画館で観たことがなかったものまで上映されることになる。 そのひとつ…

「ダークナイト」感想と満足度:IMAXレーザーで観たこの作品は最強だった

2,008年に上映され、数々の話題を映画ファンにもたらした「ダークナイト」。この映画がIMAX&4Dでリバイバル上映されることになった。 「ダークナイト」は、アメコミの「バットマン」を原作とした実写映画で、クリストファー・ノーラン監督が手掛けたバット…

「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のあらすじと感想:4姉妹がすばらしかった!

2020年は映画界にとっても災難の年だった。このコロナ騒ぎは歴史に残るんだろうなぁ・・・。 映画館はすべて自粛となり営業が停止され、6月になり、ようやく営業が再開された。そこでようやく私が観たかった映画が上映されるようになったのだ。 待ちに…

「AKIRA」あらすじと感想:金田のカッコよさにつきる!

1988年に上映された「AKIRA」が、2020年にリマスターされて蘇り、IMAX上映もされるということで、観てみることにした。 やはりあの伝説の映画は観ておかなければいけないだろうと思ったわけで、コロナ自粛が解除されて初映画は「AKIRA」を選んだ。 …

「レ・ミゼラブル」感想:とても心に突き刺さる作品でした

ミュージカルでおなじみの「レ・ミゼラブル」と同名のこの作品。 舞台も同じパリ郊外のモンフェルメイユ。 レビューを読むと、観た人の評価はかなりよい。とても気になる作品だと思って、私も観に行くことにした。 今回はフランス映画「レ・ミゼラブル」の感…

「Fukushima 50」感想:福島での出来事を忘れてはならない

2011年3月、あの頃、私はまだ塾の先生だった。 授業の準備をしながら事務室の椅子に座っていると、突然揺れた。 幸いにも、ものが倒れたり何かが壊れたりすることはなかったが、まちがいなく私の人生のなかでは最大級の地震だったといえる。 揺れの大きさも…

映画「娘は戦場で生まれた」感想:アレッポの悲惨さをみんなに知ってほしい

私は戦争のドキュメンタリー映画をなるべく観るようにしている。なぜなら、この平和な日本において戦争など無縁だからだ。 戦争と無縁ならば観る必要もないという人がいるだろうが、私はそう思わない。 平和な世の中にいると平和のありがたみがわからない。…