【回顧】東京優駿(日本ダービー)2020:みっちーの競馬予想反省会

どーも、みっちーです。

 

ダービーは当然の結果ながら当りました。コントレイルが強すぎましたね!

ということで、今週もレースを振り返ってみたいと思います。

参考記事:【日本ダービー】東京優駿2020:みっちーの競馬予想

f:id:motoshidaa:20200521233738p:plain

 

 

東京優駿日本ダービー)2020:レース結果

 

1着:コントレイル(1番人気)   2.24.1(34.0)

2着:サリオス(2番人気)     2.24.6(34.1)3

3着:ヴェルトライゼンデ(10番人気)2.24.9(34.7)1 3/4

4着:サトノインプレッサ(9番人気)2.24.9(34.3)アタマ

5着:ディープボンド(8番人気)  2.25.0(35.1)1/2

 

サリオスを完全に抑えて皐月賞を勝ったコントレイルが1番人気に押され、その期待通り、見事に優勝しました。これで歴史に名を残す無敗の2冠馬が誕生しました。

 

コントレイルは序盤3番手の位置につけ、途中ちょっと順位を下げたもののいい位置をキープし、直線残り200mあたりで勝負がついたような感じでした。結局2着のサリオスと3馬身差の勝利。

 

無敗の2冠馬が誕生した瞬間でした。福永祐一騎手おめでとうございます!

 

2着のサリオスは、中盤よりうしろからの勝負でした。最後の直線ではいい脚を見せたもののコントレイルが強すぎましたね。皐月賞に引き続き2着となりました。

 

3着ヴェルトライゼンデはずっとコントレイルをマークしていたような走りでした。皐月賞以外はずっと連対していた馬ですから、実力はあったんですよね。前走の結果を見て今回ノーマークにしてしまってごめんなさいという気持ちです。

 

 

東京優駿日本ダービー)2020の反省会

 

私の予想は以下のとおりでした。

◎コントレイル

○サリオス

▲サトノフラッグ

 

皐月賞を見るかぎり、コントレイルとサリオスに勝てそうな馬はいないというのがほとんどの人の予想でしょう。

 

そして、実際そのとおりになりました。

 

あとは、そこに割り込んでくるとしたら京都新聞杯でいい走りを見せたディープボンドと、青葉賞2着のヴァルコスかなぁと思いました。特にヴァルコスは2400mを2.23.0というけっこういいタイムで走っていたので有力な候補でした。

 

が、結局私が出した結論は、サトノフラッグ皐月賞で最後の伸びがなかったサトノフラッグに今度こそはと期待して、今回は▲をつけました。

 

なにしろ、サトノフラッグに騎乗したルメール騎手は皐月賞のときにほとんどムチを入れていなかったのです。「これはきっと不完全燃焼だったにちがいない」というのが私の読みでした。

 

だけどダメでしたね。レースでは一度も見せ場がなく終わってしまいました。これで終わってしまうんですかね・・・。

 

ま、とりあえず、今回はコントレイルとサリオスが1,2着という予想は見事当たったのでよしとしよう。

 

 

まとめ

 

蓋を開けてみれば、来たのは1番人気の馬と2番人気の馬。コントレイルはとても強かった!

 

サリオスは産まれる年を間違えましたね・・・。

 

そしてコントレイルが3冠馬となるのか、秋が非常に楽しみです。

 

さて、来週は安田記念。再びアーモンドアイの強い脚が見られるのか、とても楽しみですね。

 

来週も勝ちたいと思います!