皐月賞2020:みっちーの競馬予想

週に一度、みっちーの素人予想のコーナーがやってまいりました。

 

先週は桜花賞、とてもおしかった・・・。

www.mitchy-shumi.com

 

今週は、いよいよ待ちに待った皐月賞。心配していた天気だが、雨も上がり、馬場も回復していきそうだ。

 

ということで、今週もがんばって予想しちゃうよ!!!

 

 

皐月賞2020:レースについて

 

第80回皐月賞 G1

2020年4月19日(日) 中山11R

サラ系3歳オープン

芝右2000m

 

 

皐月賞2020:コースについて

 

中山芝2000m

中山2000m芝コース画像

 

スタートはホームストレッチ直線入り口。1コーナーまでは約400m。

1~2コーナー中間あたりまでは上り坂。

向こう正面は緩い下り坂。

3~4コーナーはほぼ平坦。

最後の直線は310mで、直線の半ばまで急勾配となっている。

坂を乗り切るパワーが必要なコース。


過去の皐月賞:傾向

 

  • 1番人気が来たり、荒れたりと予想がしづらいレースとなっている。
  • 前走は2000m組か1800m組が上位に来ている。やや2000m組が多いか。
  • 前走、どのレースを使っていると有利かというものはない。
  • つまり、過去のデータはあまりあてにならない。

 

 

皐月賞2020の予想

 

3強のコントレイル・サリオス・サトノフラッグ以外にも、前走までで強い勝ち方をしてきた馬が何頭もいて迷う。

 

たとえばクリスタルブラックの京成杯、最後の伸びはかなり印象に残った。

 

スプリングステークスを制したガロアクリークの走りもよかった。最後の直線で1番人気のヴェルトライゼンデを交わしての1着は見事だ。

 

また、共同通信杯で4着に敗れたマイラプソディだって、巻き返しを図ってくるかもしれない。

 

というわけで、今回はとても迷ったあげくこの3頭。

 

 

◎コントレイル

前走のホープフルステークス、何度見ても余裕勝ちにしか見えない。途中も抑え気味で、最後の直線も馬の行くままに走った感じだった。本気を出したらこの馬には誰も勝てないと思うほどの走りだ。

またあの時と同じコースを走るわけだから、特に問題が見当たらないので◎。

 

○サリオス

前走の朝日杯FSでは文句なしのレコードで完勝。今まで1600mしか走っていないため距離適性に不安が残るが、母サロミナはドイツオークス(2200m)の優勝馬。血統的に問題はないと思われる。また前々走サウジアラビアRCでもコースレコードを出していて、底力は半端ない。

 

▲サトノフラッグ

前走の弥生賞は圧巻の勝利。前々走も2000mを走って勝利。中山2000mの2連勝はマグレではないはず。また、3走前の東京未勝利2000mでは1:59.5で2歳のコースレコードを叩き出しているほどの力がある。

上の2頭を負かすことができるとしたらこの馬しかいない。

 

 

まとめ

 

おそらく、上の3頭が1~3番人気になるだろうが、今回はこの3頭が主役でまちがいないと思われる。

 

したがって今回は1番コントレイル・5番サトノフラッグ・7番サリオスのボックスでいってみたい。