桜花賞2020:みっちーの競馬予想

週に一回の素人競馬お時間がやってまいりました。

 

今回も、素人競馬予想師みっちーが、レースの予想をしてまいります。

 

とりあえず、先週の大阪杯は見事的中!!!

www.mitchy-shumi.com

 

今年はけっこうがんばってるぜ!

 

では、今週も素人予想をやってやるよ。

 

 

桜花賞2020:レースについて

 

第80回桜花賞 G1

2020年4月12日(日) 阪神11R

サラ系3歳オープン

芝1600m

 

 

桜花賞2020:コースについて

 

阪神芝1600m

阪神1600m芝コース画像

 

スタートはバックストレッチ中間よりやや左。

3コーナー手前まで上り。

4コーナーからは緩やかな下りで、直線の半ばまでは下っていく。

最後の直線距離は約476m

ゴール前に高低差1.8mの急な上りが待っている。


過去の桜花賞:傾向

 

  • 前走はほとんど1600m組が連対。
  • 先行馬・差し馬どちらも来る可能性あり。
  • 必ずしも人気の馬が来るとは限らない。
  • ただし、2番人気の馬が1着になることが多いようだ。
  • チューリップ賞組の連対が目立つ。
  • 実力のある馬と、穴の両方を見ておく必要がありそう。

 

 

桜花賞2020の予想

 

今回非常に難しくて予想をあきらめようかと思ったくらいだが、まあダメもとでやってみる。

まず、レシステンシアとスマイルカナが先行争いで、レシステンシアが逃げる。ペースはミドルかハイペースになると思う。

4コーナーを過ぎ、直線でレシステンシアが抜けて、そこからどの馬が来るかって感じだだろう。

例年なら人気馬に伏兵が絡んでくるという流れもあるのだが、今年は強豪揃いなので、素直に考えてみたい。

 

 

◎レシステンシア

前走チューリップ賞で最後の伸びがなく敗れてしまった印象が強いのだが、今回は巻き返すだろうと予想。もともと阪神JFを1分32秒7で走るくらい速い馬だ。これは昨年レースレコードで勝ったグランアレグリアのタイムと同じである。優勝の能力は充分にある。

 

○マルターズディオサ

前走チューリップ賞で本命レシステンシアに勝ったこの馬。ここまで5戦して1着が3回、2着2回と必ず連に絡んでくる。今回も最後まで優勝争いに加わるのはまちがいないだろう。

 

▲クラヴァシュドール

前走チューリップ賞はハナ差で2着、阪神JFもハナ差で3着、いずれもマルターズディオサの後だった。よって能力的には全く遜色ない。場合によっては上の2頭を差す可能性だって充分に考えられる。

 

 

まとめ

 

かなり悩んだが、5番マルターズディオサ・11番クラヴァシュドール・17番レシステンシアの3頭、馬連ボックスでいってみる!